評判のいいサンキホームなら安心して工事を任せられる

部屋

安心な家づくりが基本です

積み木

揺れに強い構造が必要です

最近の自然災害の脅威は多くの人に不安感を生じさせています。住宅の購入の際には、まず家族の安全を確保できるかを最優先に考える必要があります。耐震性や耐久性のある構造を持つ家づくりをするには、建物のついての基本的な知識が必要です。一般的に建物の構造はシンプルである方が揺れに強いとされています。凹凸のある家や1階や2階とのバランスに偏りがある家は揺れによるダメージを分散できずに倒壊に繋がるリスクが多くなります。筋かいや柱の数を多くするのも有効ですが、耐力壁や耐震壁を使用して耐震構造持つ家にする事も必要です。更に特殊なダンパーを設置して揺れを抑える制震構造や床下に積層ゴムを入れて揺れを伝えない免震構造があります。この様な構造を持つ家は地震に強い家なので、完全に倒壊する確率は低く、安全な環境を維持する事ができます。更に地震に強い家とするには揺れ難いしっかりした地盤を持つ土地を選ぶ事が必要です。沼や田んぼだった場所を造成したり整地した場所は軟弱な地盤です。地盤を改良する工事等がされているかを確認しておく事が必要です。理想的な地震に強い家を建てるには注文住宅にするのが得策です。揺れに強い建築資材を選べる上に建てられていく過程をチエックする事ができます。まずは土地探しから親身に相談に応じてくれる優良業者を探す事が先決です。各ハウスメーカーや工務店では地震に強い家に関する独自のノウハウを持っています。

Copyright © 2017 評判のいいサンキホームなら安心して工事を任せられる All Rights Reserved.